トピックス

醸造開始から約1年半、すでに多くのファンを持つ「秩父麦酒」がガイドブックに登場

2019.03.11

「けやきひろばビール祭り」のガイドブックには、出店社の中からピックアップしたブルワリーへのインタビュー企画「けやきひろばビール祭りで注目したい ニッポンのクラフトビールブルワリー」のページを設けています。今回は春のビール祭りガイドブックに登場するブルワリーのひとつ、「秩父麦酒」をご紹介します。

酒づくりにおいては全国屈指の埼玉・秩父にビールが加わった

昨年の「けやきひろば秋のビール祭り」に初出店した秩父麦酒。醸造免許が交付されたのは2017年10月16日と、設立から一年弱でのビール祭り登場となりましたが、SNSでの反響が大きく問い合わせも多かったブルワリーのひとつです。

秩父麦酒の醸造元として合同会社ベアーミートベアーを設立したのは、代表であり醸造責任者も務める丹広大さん、丹さんの妻である代表の祐夏さん。現在は「ペールエール華熊」、「ウィートエール雪熊」、「紅熊Xレッドエール」の3種類を定番とした商品展開を行っています。

左からブルワーの鈴木孝治さん、代表の丹祐夏さん、代表兼醸造責任者の丹広大さん

埼玉県秩父市は、ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなど、数多くの酒造メーカーが存在する全国屈指の酒どころ。そこに秩父では初となるビールの醸造所として、秩父麦酒が加わりました。

秩父麦酒がいつでも飲める「Mahollo BAR.」

昨年の年間生産量は40klだったこともあり、秩父麦酒が飲める場所は限られています。そんな中、通年で飲める店舗が「Mahollo BAR.(まほろバル)」。西武秩父駅から徒歩8分程度、秩父神社の表参道である番場通り沿いにあります。2016年6月に、カフェとクラフトビールを楽しめるバルとしてオープンしました。

■Mahollo BAR.
住所:埼玉県秩父市番場町17-14 秩父表参道Lab. 1F
電話番号:0494-26-7303
営業時間:11:00~21:00
定休日:毎週水曜・木曜

左から「21の華熊 アメリカンペールエール」、「紅熊X レッドエール」、「ちょこぐまとばなな ミント風味」

Mahollo BAR.で提供するナッツは、秩父の誇るウイスキー「イチローズモルト」を造る際に使うミズナラのバレル端材でスモークしている

ビール祭りではこれまで造ったラインアップが勢揃い

「けやきひろば春のビール祭りでは、これまで造った限定ビールも含めて20種類以上の出品を予定しています!」と祐夏さん。ブースにはそれぞれのビールをイメージして祐夏さんが描いたクマのイラストがずらりと並ぶ予定です。「昨年秋の出店時もそうだったのですが、ビールの写真を出さずイラストだけにしたことで、逆に興味を持ってくださった女性の方が多かったように思います」(祐夏さん)

「私たちのビール造りのコンセプトのひとつに、『女性を癒やしたい』というのがあります。今の時代、旗を持って時代の先頭を走る、がんばり続ける女性を応援したい──そんな気持ちで柔らかい口当たりや苦味の少ないビール造りにも取り組みました。ビールが苦手だという方にも、ぜひブースに立ち寄ってもらいたいですね」(広大さん)

ガイドブックでは、丹さん夫妻がビール造りに取り組み始めたきっかけやその軌跡、秩父だからこそできるビールへの考え方、現在進行しているバレルエイジドビールなどについてご紹介します。お楽しみに!

閉じる
閉じる